初詣の「願い」を 「祈り」に。

9000万人の人々が、初詣に出かけます。―(警察庁発表)
9000万人のほとんどが、自分のための「願いごと」をします。
9000万人の「願い」が、地球のための、宇宙のための「祈り」に変わったなら・・・
         日本人の「心構え」が変わり、日本が変わり、宇宙が変わります。

願い と 祈り

初詣は、新しい年を迎える儀式として、
日常の時間を離れ、日常の空間を離れ、神社や仏閣に詣でて
宇宙の本質と心の本質に触れるための日本人の所作です。

そのとき、地球が見えたら、地球上のすべての人の姿が見えたら、
環境破壊が見えたら、宇宙が観えたら、
自然の有機的秩序を観じたなら、
自分のためだけのご利益という概念は消失していきます。
エゴの願いは自動的に、人のため、社会のため、自然のため、
地球のため、宇宙のための願いに変わり始めます。

自分のためだけの願いは、「祈り」に変わっていきます。


「願い」と、「祈り」の違い

「祈り」とは(意 + 乗り)。

自分のためだけの願いに対して、

多くの人が、賛成できる(乗れる)、願い(意)、思い、考え。

神様も(乗れる)願いを、「祈り」だと考えます。



本来は、「願い」と「祈り」は、同じだったのだと思います。

「願い」は、エゴのための願い、排他的な願いに、転がりがちなのです。



「願い」を「祈り」に、と呼びかけているのは、

自分のためだけの「願い」と、「祈り」を明確に区別するためです。



自分のためだけの「願い」は、競争社会を生み出します。

競争社会では、他の会社に勝つために、

相手を叩きのめす、相手を蹴落とすためのエゴの願い、排他的な発想が生まれがちになるのです。

それは、勝ちたいという「願い」であっても、「祈り」とは本質的に違うものです。




初詣

正月三が日の参拝者数は全国9939万人、

  神社が、お寺が、ご祈願として用意しているのは、
  多くが決められたように、「家内安全」「商売繁盛」。

九千万人の日本人の多くが、自分のために「願い」ます。

それは、自分のためだけの、願いへの誘導。

それを、今、ここから、変えませんか?
九千万人の
初詣する人々、
その潜在的な力を感じることができるでしょう。

それを「観じる」ことができたなら、
「願いごと」が、自分のための願いごとから、
地球のための、宇宙のための「祈り」に変えてみたくならないでしょうか。
九千万の「祈り」は、すごいエネルギーをもつことになります。


祈りは、表明であり、顕われです。

  新しい年は、ひとつの上昇。新しい次元へ誘うものとしての歳神。
  今、ここから、時間の区切りを、宇宙の周期の区切りへ。

初詣は、そういうものを用意してくれています。


そして、

初詣の 願いを 祈りに 変えることは、
祀りごとを、
新たに、初詣に行く九千万人の「祈り」によって
蘇らせることになるでしょう。

「無」になることによって、今までの価値観から解放され、
      進化というものを、連続的に、瞬間的に、可能にします。

祈りによって、「無」になり、

つまり、すべての領域に渡っての根本的な見直しを生み出せることを「観じ」て、

時空間のすべてを建て直していく、

新しい、くにづくり、

それが、「初詣の、願いを祈りに」と呼びかけることによって、生まれるビジョンです。

      美しい初詣の姿です。

環境意識コミュニケーション研究所 代表
                         柳瀬 宏秀



柳瀬宏秀 講演「2013年 初詣の 願いを 祈りに」映像


そして、
しゃべり足りない部分を、ちょっと、ざっくばらんに1時間、29日に生放送で語りました。

Video streaming by Ustream


【講演会「初詣の 願いを 祈りに」2012年12月21日 講演者全員の映像 】

web-top.png

DSC_0239.jpg
2012年12月21日、「初詣の願いを祈りに」をテーマに、講演会を行いました。
当日のレポート・映像を、アップいています。

2012年12月21日 レポートへ

kobayashi-top.pngshiratori-top.pngterayama-top.pngnakazawa-top.pngfunai-top.pngmaeda-top.pngyanase-top.png


初詣の願いを「祈り」に変える、という呼びかけは、多くの日本人に、
この高次元の意識に向かわせる重要なきっかけを生み出します。
最初のコミュニケーションは、お金だけではない。
御利益だけを願うのは間違っている。という気づきから始まります。
「願い」を「祈り」に変えることによって、
環境意識を、惑星意識を、宇宙意識を、高次元の意識を取り戻すこと。
あるいは、本質的な根源にアクセスするために「無」になること。
つまり、すべての領域に渡っての根本的な見直しを生み出せることを
「観じ」て、
「無」になり、
時空間のすべてを建て直していく、それが多くの人の目的となるべき時です。

ピュアになって、「直接」天とつながること。これが、「素直」という意味です。
「純粋な祈り」とは、「無」になって、宇宙意識が流れ込んでくる、
そういう状態になった時に生まれる「祈り」。
つまり、サムシンググレートの「祈り」、
宇宙、自然、神、の目的そのものと一致した、直接つながった、「祈り」ということです。
そのとき、宇宙そのもの、あるいは、太陽エネルギーが流れ込んできます。
初詣  
正月三が日の参拝者数は全国9939万人、
神社が、お寺が、ご祈願として用意しているのは、
多くが決められたように、「家内安全」「商売繁盛」。
九千万人の日本人の多くが、自分のために「願い」ます。
それは、自分のためだけの、願いへの誘導。
ご利益を願わせることが、仏陀の教えなのでしょうか?
ご利益を願わせることが、神道の教えなのでしょうか?
それを、今、ここから、変えませんか?

ご祈願の受け手である、神社のご神職の方へのメッセージとして、
ご利益を願うようにナビゲートするのが、仕事だと思い込まないように、

そのために、「初詣の 願いを 祈りに」正式のご祈願を、
全国の神社でお願いしました。
その主旨を神社に伝え、神につないでいただく、ご祈願をしていただくように
お願いした仲間から、20以上の神社で対話し、「初詣の 願いを 祈りに」がご祈願されました。
ぜひご覧ください。
https://www.facebook.com/events/310784555705072/permalink/310784562371738/

明治神宮、富士浅間神社 北口本宮、熱田神宮、鶴岡八幡宮、猿田彦神社、
出雲大社、須佐神社、日御碕神社、出雲大社相模分祠、讃岐三宮多和神社、
北海道神宮、富山山王さん日枝神社、大宮八幡宮、小国神社、香椎宮、
産土神社(筑土八幡神社)、宇美八幡宮、弥彦神社、五社神社、居木神社、
龍城神社、弥彦神社、浅草神社、兵庫県三木市大宮八幡宮、三島大社、来宮神社 

で、初詣の 願いを 祈りに 正式ご祈願の報告が来ています。
つまり、初詣の人々の願いを受ける神社から、正式に、初詣の 願いを 祈りに という祈願を、
神職を通して、神に、伝えてもらいました。

神社に、そういう高次元の意識、神の意識にあわせる、「祈り」の共振の場を、
「願いを 祈りに」という言霊で創った神社があるということだと思います。

九千万人の 初詣する人々、 
その潜在的な力を感じることができるでしょう。
それを「観じる」ことができたなら、「願いごと」が、自分のための願いごとから、
地球のための、宇宙のための「祈り」に変えてみたくならないでしょうか。
九千万の「祈り」は、すごいエネルギーをもつことになります。
祈りは、表明であり、顕われです。
新しい年は、ひとつの上昇。新しい次元へ誘うものとしての歳神。
今、ここから、時間の区切りを、宇宙の周期の区切りへ。
初詣は、そういうものを用意してくれています。
そして、

初詣の 願いを 祈りに 変えることは、
祀りごとを、新たに、初詣に行く九千万人の「祈り」によって蘇らせることになるでしょう。
神も「乗れる」祈りということは、神の「祈り」に人間の意識が同調するということと同じです。
神の「祈り」に共振して、
三次元の世界に、地球に、日本に、
それを顕していくための「祀り」を生み出していくのだと思います。
「願い」を「祈り」に変えることは、
環境意識を、惑星意識を、宇宙意識を、高次元の意識を取り戻し、
本質的な根源にアクセスするために「無」になることです。
「無」になることによって、エゴの考えを解き放つことによって、神の祈りに同調します。
「無」になることによって、今までの価値観から解放され、
進化というものを、連続的に、瞬間的に、可能にします。
祈りによって、「無」になり、
つまり、すべての領域に渡っての根本的な見直しを生み出せることを「観じ」て、
時空間のすべてを建て直していく、
新しい、くにづくり、
それが、「初詣の、願いを祈りに」と呼びかけることによって、生まれるビジョンです。
美しい初詣の姿です。