UA-27785892-1

日本中の神社で、年内に
「初詣の願いを祈りに」正式の御祈願を

       よかったら、今日、明日にでも、行きませんか?

2012年2月22日。5125年の初詣。
明治神宮で、「初詣の 願いを 祈りに」正式御祈願。

前日、
「2012年12月21日 マヤの預言を伝える」、
講演会「初詣の 願いを 祈りに」をパーシモンホールで行い、

懇親会の後、
souvenir というフランスレストランで、22人、
「5125年の忘年会」と名付けてワインをいただく。
Souvenir とは、フランス語で、記念、思い出、というような意味である。


その中の13人、南は、石垣島から、福岡、広島、岡山、大阪、名古屋などなど、
一番近い方が埼玉という日本全国に住むメンバーが、朝、明治神宮に集まった。

5125年の歴史がかわる。
その5125年の大祓いをしたあとの「初詣」である。

目的は、2013年の 初詣の 願いを 祈りに と呼びかけ、
祈り という高次元の、あるいは、宇宙の、神の意識で、地球を包み、
人と地球と宇宙の進化を顕現させることです。

 

明治神宮で「初詣の 願いを 祈りに」
正式の御祈願を実現させました。

そのいきさつをお伝えします。

ぜひ、皆さんのご縁のある神社やお寺に、お声かけください。
そして、皆さんのお弟子さんや、ご友人に必ず、お伝えください。
祈りの言霊は、この惑星において、声にだし伝えることも重要です。

『初詣の 願いを 祈りに』
『願いを 祈りに』の2冊の本は、
そのために有効だと思います。




御祈願受付で、

柳瀬「御祈願の内容は、初詣の 願いを 祈りに 」 
受付「(ご利益を中心の家内安全、商売繁盛、などの一覧から)
   このなかからお選びください」
柳瀬「あなたは、神職の方ですか?」
受付「はい」
柳瀬「初詣の 願いを 祈りに をご祈願したい」
受付「そういうさまざまな願いに対応できないので、心願成就、にしてください。
   初詣の 願いを 祈りに はご祈願できません。
   御祈願は、この中から、選んでください」
柳瀬「それは、明治神宮の正式の判断ですか?」

受付、内線電話する。
もう一人の人が来て、同じ問答。

また電話する。
次にかなり年配の禰宜さんが来て、

柳瀬「ご利益だけを願うのが神社の役目ですか?」
  「神社本庁の総長とも、この件について話をしています」
禰宜「少し、お待ちください。」と言って、立ち去る。



20分ほどして、戻って来られ、

禰宜「他の方々のご利益の願いを否定することはできない。でも、
   もっと、大きな視点から、初詣の願いを祈りに変えることによって、
   日本を変えたいという主旨はご祈願させていただきます」

   自ら、祭儀部担当の禰宜さんであることがわかる名刺を、差し出されました。


そして、「初詣の 願いを 祈りに」という御祈願を正式にしていただき、
二人の巫女さんによる大和舞があり、明治神宮で、「初詣の 願いを 祈りに」
という御祈願を、集まった13名と柳瀬でさせていただきました。

 

ほんのわずかなことですが、若い神職も、そういうことが認められたとから、
ご利益だけが、神社でやるべき願い事でなく、
「願いを 祈りに」ということを意識し始めるかもしれない。


明治神宮のなかで、「初詣の 願いを 祈りに」 というメッセージが、
少し、意識され始める。


最後に対応し、正式の対応をしてくれた、禰宜さんあてに、
そして、明治神宮の宮司宛に、感謝し、
『初詣の 願いを 祈りに』『願いを 祈りに』という本をお贈りしました。

この禰宜さんの心に、そして、明治神宮の神職の方々の中に、
この本を読んでいただける方が生まれれば、
ご利益中心になっている 初詣から、
日本の精神を建て直すことを
日本の中に、考えている者が多くいることを知るでしょう。

年に一度、神社を訪れる人もいる。
その人たちに、ご利益を願うのが神社だとナビゲートし続けるのか、
あるいは、神道の精神に照らして、公の「祈り」に導くのが、日本のためになるのか、
問い始めてほしい。

初詣に、
目先のお賽銭だけを目指すのか、
日本の建て直しをはかる可能性を見出すのか、


そして、神道の根本の精神に戻って、
9000万人の初詣の人々の意識を変えることができることを考え始めてほしい。
明治神宮だけで、初詣に、100万人参拝する。





ぜひ、この呼びかけをシェアしてください。
この2012年12月中に、ご祈願をすることによって、
10の神社が、100の神社が、1000の神社が、
初詣の 願いを 祈りに していくように、実際に働きかけることになります。 

今、日本に、8万5000の神社があります。
今、9000万人の人が、初詣に出かけます。

正式の御祈願は、神社では、通常5000円ぐらいから受け付けています。
日本中の神社で、「初詣の 願いを 祈りに」御祈願を
今、ここから、
神職の方、一人一人に、考えてもらってください。

ぜひ、ご祈願したことを、ご報告ください。
日本中の神社に、呼びかけましょう。

そして、ご祈願は、高次元に、宇宙に、神に、
ご祈願することになります。



■ 「願いを 祈りに」呼びかけ人 会員募集
 http://inori-no-kuni.com/yobikake.html