「初詣の 願いを 祈りに」

印刷用表示 |テキストサイズ 小 |中 |大 |


祈りのくに Last Updated 2016-08-09

これまでのコミュニケーション 本(1998〜2010)

1999gazou.jpg
コズミック・ダイアリー1999(1998年発行)P298

2000gazou.jpg
ズミック・ダイアリー2000(1999年発行)P334

2001gazou.jpg
コズミック・ダイアリー2001(2000年発行)P33


出づる場所

      マヤのアポカプリス(黙示録)

マヤは、惑星地球にとっての正しい時間を知っていたし、いまでも知っている。


日本に行くにあたって、私たちはさらに深い天啓に従っています。

ケツァルコアトルは、地上での任務を成し遂げたあと、

夜明けの(日出づる)場所から立ち去り、東の太陽の方向へ船出しました。・・・・

日本は日出づる国であり、夜明けの人々の起源の場所、

52年前に広島と長崎に原爆が投下された、

アポカリプス(黙示録)的な場所です。

----人類の銀河文化の再生は、

日本でその最初の根を張ることが運命づけられているのです。

私たちは、新しい時間におけるアポカリプス的なあがない、

その預言的なヴィジョンを提供するために日本に行きます。
                惑星の月の3日(1997年4月6日) ホゼ&ロイディーン


 正月に、聖なる空間である神社に、初詣する人々のもつ潜在的な力というものを感じませんか?
 一つの神社(異次元への通路)に、1日に何十万人もの人々が集まり願いごとをする。
この「願いごと」が自分のための願いごとから、もし、地球のための、宇宙のための「祈り」にそのクオリティーが変わった時、その「祈り」がすごいエネルギーをもつことを想像することができないでしょうか?
 そして、さらに、地球上の様々な場所で、同じ瞬間に、宇宙と生体のリズムに合った「祈り」が行われたなら、その「祈り」は同調して、宇宙にまで影響を及ぼすことを感じることができないでしょうか?

 2005年、日本で「環境」をテーマに、全世界に情報を発信する国家的なイベントが計画されています。 

もし、このイベントが、
自分のための願いごとから、地球のための「祈り」に、
そのクオリティーが変質したものになったなら

今までの地域の産業振興のための万博ではなく、
新しい地球のための「祈り」のセレモニーに生まれかわったなら。

 地球規模の環境汚染が加速度的に進んでいるこの時代に、そのセレモニーに大きな意味を感じずにはいられません。あらゆる分野で宇宙のリズムと生体のリズムを取り戻すための情報を、全世界から受信し、そして、日本から全世界に発信できたなら、人類史上かってなかった地球レベルでの交信が日本から生まれるかもしれない。

そのために、2005年までに日本人の多くの人が、
人工的な「お金」という価値観、
すべてが、「売り上げ」と「視聴率」の前でひざまづく価値観の支配から
解き放たれ、宇宙のリズム、生体のリズムを取り戻すことが
前提として必要なのだと思います。

 心の底から、そうしたパラダイムシフトが日本人の多くの人々の心の中に生じることを祈り、この Cosmic Daiary をその祈りに捧げたいと思います。 



In going to Japan now, we are following an even deeper calling, the call of prophecy and the return of Quetzalcoatl. The historic Quetzalcoatl (AD 947-999) was a focalization of the energy of the greater Kukulkan-Quetzalcoatl, the primal pattern of creation and cultural regeneration. Having fulfilled his Earthly mission, Quetzalcoatl departs from the place of dawn (the rising sun) and sails East into the sun, vowing to return. Japan is the land of the rising sun, original land of the people of the dawn, site of the apocalyptic moments of Hiroshima and Nagasaki, 52 years ago. For this reason, the return of Quetzalcoatl must physically and psychically be engendered in Japan. The galactic cultural regeneration of humanity is destined to take its first roots in Nihon. From this deep calling in our mission do we come to Japan at this time.
The third day of Planetary Moon (April 6th, 1997)  Jose & Lloydine Arguelles.

On New Years, do you feel the latent power of the people making the first pilgrimage of the year to the sacred ground of the shrines?
At each shrine (passage ways to other dimensions) tens of thousands of people gather to make wishes.


Can't you imagine the incredible energy that would be generated when these personal "wishes" are changed in quality to "prayer" for the earth, the universe?

When millions of people, tens of millions of people, simultaneously "pray" in unison with the rhythm of the universe and the rhythm of life, don't you think that the energy held in "these prayers" would be enough to envelope the earth?

And in addition, can't you feel that if in various locations around the face of the earth people would "pray" at the same moment in unison with the rhythm of the universe and the rhythm of life, this "prayer" would subsequently effect the universe?

In 2005, a national event with an "environmental" theme, that will spread information around the entire world, is being planned in Japan.

If this event were to shift it's qualities from personal "wishes" to "prayer" for the earth, than it will differ from international expositions until now that have focused on industrial development for that area, and be reborn as as a ceremony of "prayer" for a new earth. I cannot help but feel that this ceremony will have a major effect on this age when environmental pollution on a global scale increasingly progresses.

If we can gather information from around the world that is pertinent to the retrieval of the universal rhythm and the rhythm of life to every field, and emanate this information from Japan to the rest of the world, communication on a level never before seen by mankind will result. If correspondence could originate in Japan.....
For this purpose, I think it is necessary that from now until 2005, many Japanese people will first need to return from artificial values of "money", from the control of values that make them cower to "sales" and "ratings", to the rhythm of the universe and the rhythm of life.

From the bottom of my heart, I will pray that such a paradigm shift will occur within the hearts of many Japanese people, and I offer this Cosmic Diary to that prayer.


初詣の願いを祈りに
各本の画像をクリックすると、PDFにて文章が読めます。

spritoforganic83p839383t97p.jpg
「マヤの叡智と日本人の魂の融合」2006年発行 P134


955C8E8691D182A082E8.jpg
9.11人類が正義という呪縛から解き放たれるために」2009年発行 P76


2011gazou.jpg
コズミック・ダイアリー2011(2010年発行)P238 あとがき