「初詣の 願いを 祈りに」

印刷用表示 |テキストサイズ 小 |中 |大 |


祈りのくに Last Updated 2016-08-09

sign (13).jpg


初詣の 願いを 祈りに
日時 2010年12月28日 12時半開場  13時開演
場所 赤坂区民ホール
港区赤坂4-18-13  赤坂区民センター3F
http://www.kissport.or.jp/sisetu/akasaka/index.html
sign (15).jpgsign (14).jpgチラシ(PDF 約9MB)


sign (16).jpg
出演
白鳥哲 声優・映画監督

俳優・声優・映画監督。長年文学座の俳優として様々な映画、テレビドラマ、舞台、アニメの声優、洋画の吹き替えなど俳優として活動しながら、1998年から本格的に映画製作を開始。2006年劇場公開された「ストーンエイジ」は国内のみならず海外でも上映され絶賛された。2008年劇場公開作品「魂の教育」では右脳開発の第一人者七田眞氏のドキュメンタリー作品を監督。また、2010年劇場公開用映画「不食の時代」では一日青汁一杯で生活し続けて15年以上になる森美智代さんを追った作品を監督しインパクトのある問題提起を続けている。現在、「祈り」をテーマにした映画を製作中。主な出演代表作は、アニメ「コードギアス」「鋼の錬金術師」「ガンダム00」洋画吹き替え「ローマ」「あの頃ペニーレインと」(主人公役)「チャングムの誓い」、マイケルジャクソンの声、テレビCМなど多岐にわたって活躍を続けている。大沢事務所所属。シネマ夢クラブ推薦委員。那須アワード審査員。著書に「ストーンエイジ」(汐文社)「ギフト」(白鳥哲事務所)がある。



sign (17).jpg
前田比良聖 言霊の武道 和良久創設者

1956年、京都府福知山市生まれ。10歳より大山倍達先生に師事し、極真会館四国本部長芦原英幸師範の内弟子となり、17歳で全日本代表選手に選抜される。20歳で指導員に昇格し全国の支部道場を巡回指導。この間、環境庁長官など要人の身辺警護につく。1980年、石井和義を館長として新日本空手道連盟正道会館設立ともに最高師範に就任。1983年4月渡米、ロサンゼルスに米国正道会館を設立。同年8月に帰国後、京都南禅寺で修行。続いて大本本部を訪ね奥山忠男先生に出会う。霊学、言霊学を基とした武道の理念に魅了され、正道会館師範を辞任し大本に滞在し修行。2000年、大本四代教主出口聖子師から「和良久」の名を拝命しNPO武道和良久を設立。
http://www.walaku.com/aisatsu.htm





sign (18).jpg
柳瀬宏秀 プロデューサー

環境意識コミュニケーション研究所代表。20年間電通に て、コピーライター、CMプランナー、映像プロデューサー を経て8年前に退社し、現職。「コズミック・ダイアリー」の 著者として、ホゼ・アグエイアス博士の代理人として、 マヤの叡智をセミナー、講演会で伝えている。 一方でプロデューサーとして「時間をはずした日の祭り」「京都、満月祭り」「満月の十三祭り」「Feel the FUJI festival」企画プロデュース。「日本文化の心に触れる会」主宰。著書「マヤの叡智と日本人の魂の融合」「9.11 人類が、正義という呪縛から解き放たれるために」。「マヤン・ファクター 新版」監修・翻訳。「2012年への進化-―ホゼ・アグエイアス伝記」監修。
http://www.async.ne.jp/cosmic/inori/profile.html





sign (19).jpg
オリッシーダンサー 伊藤祥子(いとう さちこ)
不思議なご縁でOdissiに出逢い、その素晴らしさに魅せられ、'09年10月からは福島まゆみ氏に師事し、より深淵なOdissiの宇宙を表現するため楽しみながら研鑽を続けている。ナマステ・インディア、ラタ・ヤトラ、インド大使公邸、サラスヴァティ・プージャ、渋谷金王八幡宮大例祭などでOdissiを披露し好評を得る。インド哲学、ヨーガ、タブラ、インド声楽などインドの文化に親しみ、大いなる魂と繋がる喜びと、命の輝きが伝わるOdissiを目指している。Odissiは、祈り、瞑想、天から授かった宝もの。そして観てくださる方の心を通して、天に返す捧げもの。

「オリッシー」はインドの古典舞踊のひとつで、東インドのオリッサ州で生まれた踊りです。紀元前2世紀頃から歴史があるとされ、踊りそのものが祈りであるオリッシーは、神様に喜んでいただくための最高の捧げものとしてジャガンナータ寺院で奉納されてきました。インドでは、「ナーダ・ブラフマン」(音は宇宙、宇宙は音)といわれています。吉祥な音と光で出来ているオリッシーが、観て下さっている皆様の心の中の神さまに捧げられ、皆様に平和と喜びがもたらされますように。


l

秋分の満月の日、村上和雄名誉教授と柳瀬宏秀氏の講演会から始動し、次の満月、10月 23日に音楽家の喜多郎氏と「音楽と祈り」について語る会を行ないました。
今回は、プロジェクト第4弾です。
7000万人の初詣の「願い」を、美しい「祈り」の姿に変えようと呼びかけます。

スケジュール
13:00 映画「ストーンエイジ」監督白鳥哲 上映 109分
http://tetsujuku.jougennotuki.com/stone-age.html
15:00 白鳥哲 声優・映画監督
    講演 「ストーンエイジ」から「祈り」へ
16:00 前田比良聖 言霊の武道 和良久創設者
   講演と演武 「日本武道の復活~祈りの体現」
17:00 柳瀬宏秀 プロデューサー
    講演 「初詣の 願いを 祈りに」
18:15 祈りの踊り 伊藤祥子 東インド古典舞踊「オリッシー」
18:30 鼎談「祈り」について語る 白鳥哲 前田比良聖 柳瀬宏秀
(19:40 終演予定)

『初詣 願いから、祈りに』参加者インタビュー





講演会「願いが、祈りに」参加者インタビュー(2010年9月23日講演会より。)
「願いを、祈りに」呼びかけ人 第二期 会員募集