「初詣の 願いを 祈りに」

印刷用表示 |テキストサイズ 小 |中 |大 |


祈りのくに Last Updated 2016-08-09

sign2028629.jpg
震災チャリティ講演会 
「祈りから 進化へ」
無事終了いたしました。みなさまありがとうございました。
日時 4月18日(月)  18時30分開場 19時開演 21時20分終演
      計画停電の場合、延期になります
場所  パーシモンホール  小ホール  定員 200名
入場料 2800円 収益のすべてを義捐金として被災地に送ります 
sign2028729.jpg

東日本大地震の被災者の皆さんの悲しみと困難に心を合わせ、一日も早い復興を願い、チャリティ講演会を行いたいと思います。また、福島原子力発電所の危機、つまり日本の危機の回避に向けて、ご尽力されている関係者の皆様のご無事を祈りたいと思います。
 具体的な被災地の復興に向けて、義捐金やボランティア、医療関係者、政府、自治体、企業、市民グループの活動が必要です。しかし、それと同時に、利益と効率の追及を目的とした社会構造そのものを新しく「進化」させる必要性を強く感じます。ひとりひとりの心、あるいは、社会全体の構造の建て直しこそが必要だと痛感します。

「大地震、大津波、原発事故と三重の大災害に見舞われながら、これだけ礼節が保たれ平静だというのは驚嘆するしかない」(CNNキャスター)と、世界の人々が賞賛する被災者の姿。しかし、さらにすべての日本人が、このすべての状況の中で進化していく存在になるべき時だと感じます。  
月を感じ、草木を感じ、虫を感じ、自然を感じ、まわりの人を感じるという日本人本来の精神の営みが蘇り、「自分のための願い」が「祈り」に変わることを、強く願います。「祈り」の心を持った日本人と、その日本人の精神の中に、新しい「くにづくり」が始まることを、「祈り」と「進化」ということばから、考えて行きたいと思います。


sign2028829.jpg
講演 出口 光  「根源からの 祈り」 
人間は祈る存在である。
だが、それは秘め事であり、ほとんど話されることはない。
祈りの力とその種類を探求し、
魂からの祈りとは何かを共に分かち合う。






sign2028929.jpg
講演 柳瀬 宏秀 「進化のためのマヤの叡智 と 祈り」
マヤの叡智を進化の観点から説明。
人類の進化を導くのがマヤの預言。
また、人の進化と社会構造の建て直しのために、
「願い」を「祈り」に変えることを提案。

歌  ラ・ブリアンテール 
祈りを歌にのせて~「パニス・アンジェリクス」、「遥かな友に」